Nuxt.jsの「No ESLint configuration found.」への対処法

0,目次

  1. はじめに
  2. 原因
  3. 対処
  4. 対処2
  5. 参考文献

1,はじめに

Nuxt.jsを導入すべく、Vue-cliをMac OSに導入しました。

そして、下記の記事を参考にNuxt.jsのサンプルアプリの起動を試みました。

Nuxt.js使ってみた - Qiita

しかし、開発サーバーの起動を行うと、

以下のようなエラーが表示されました。

jskny@MacBook-Air byakko % npm run dev

> byakko@1.0.0 dev /Users/jskny/Documents/Workspace/Project/byakko
> nuxt


   ╭─────────────────────────────────────────────╮
   │                                             │
   │   Nuxt.js v2.10.2                           │
   │   Running in development mode (universal)   │
   │                                             │
   │   Listening on: http://localhost:3000/      │
   │                                             │
   ╰─────────────────────────────────────────────╯

ℹ Preparing project for development                                   17:34:59
ℹ Initial build may take a while                                      17:34:59
✔ Builder initialized                                                 17:35:00
✔ Nuxt files generated                                                17:35:00

✖ Client
  Compiled with some errors in 2.70s

✔ Server
  Compiled successfully in 2.20s


ERROR  Failed to compile with 1 errors               friendly-errors 17:35:03

Module build failed (from ./node_modules/eslint-loader/index.js):
Error: No ESLint configuration found.

本稿では、このエラーへの対処を行います。

続きを読む »

nodebrewの「Warning: Failed to create the file」への対処

0,目次

  1. はじめに
  2. 原因
  3. 対処
  4. 参考文献

1,はじめに

Max OSにnode.jsの開発環境を構築しようと思い、

nodebrewというソフトウェアを、brew経由で導入しました。

このれを使用して最新の安定版のnode.jsを導入するために、

以下のコマンドを実行しました。

nodebrew install-binary stable

実行した結果、以下が出力されました。

jskny@MacBook-Air byakko % nodebrew install-binary stable
Fetching: https://nodejs.org/dist/v12.13.1/node-v12.13.1-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/jskny/.nodebrew/src/v12.13.1/node-v12.13.1-darwin-x64.tar.gz: 
Warning: No such file or directory

curl: (23) Failed writing body (0 != 1024)
download failed: https://nodejs.org/dist/v12.13.1/node-v12.13.1-darwin-x64.tar.gz
jskny@MacBook-Air byakko %

このエラー「curl: (23) Failed writing body (0 != 1024)」への対応を行います。

続きを読む »

electron-builderで「Error: Cannot find module 」が出る場合につい

0,目次

  1. はじめに
  2. 対処
  3. 参考文献

1,はじめに

electron-builderを用いて、Webアプリのビルドを行おうとしたところ、エラーが発生しました。

エラーメッセージとして以下が表示されました。

R:\test\electron-quick-start>node electron-builder
internal/modules/cjs/loader.js:797
    throw err;
    ^

Error: Cannot find module 'R:\test\electron-quick-start\electron-builder'
[90m    at Function.Module._resolveFilename (internal/modules/cjs/loader.js:794:15)[39m
[90m    at Function.Module._load (internal/modules/cjs/loader.js:687:27)[39m
[90m    at Function.Module.runMain (internal/modules/cjs/loader.js:1025:10)[39m
[90m    at internal/main/run_main_module.js:17:11[39m {
  code: [32m'MODULE_NOT_FOUND'[39m,
  requireStack: []
}

R:\test\electron-quick-start>

この問題への対処を行います。

続きを読む »

君はnpmで「WARN tar ENOSPC: no space left on device, write」を出したことがあるか?

0,目次

  1. はじめに
  2. 証跡
  3. おわりに

1,はじめに

npmでモジュールを追加しようとしてエラー等に遭遇することはたまにあります。

さて、皆さん「WARN tar ENOSPC: no space left on device, write」という警告メッセージをご存知でしょうか?

これは、npmでモジュールを書き込むディスクに空き容量がないと発生します。

すなわち、ディスク空き容量が不足した状態でnpmで追加モジュールのインストールを行なったところ、「WARN tar ENOSPC: no space left on device, write」という警告が表示されます。

続きを読む »

node.js自体を更新する(Windows環境)

0,目次

  1. はじめに
  2. 管理ツール「n」の導入(Windows版はないため失敗)
  3. node.jsのアップデート
    1. 最新のnode.jsを取得
    2. 動作確認
  4. まとめ

1,はじめに

Windows環境に導入したnode.jsをバージョンアップしたいと思ったことはありませんでしょうか?

方法として、既存のnode.jsのアンインストールを行い、最新のパッケージをインストールするという方法が考えられます。

しかし、面倒くさいです。

そこで、「n」というバージョン管理ツールを使用して、node.jsの更新を試みます。

まぁ、記事を読んでいただくとわかるのですが、

結論から言うと、「n」での更新はできませんでした。

Windowsに「n」は現状(2019/11/04)対応しておりません。

試した環境は以下の通りです。

  • Windows 10
  • npm (v6.12.1)
  • node.js (v6.10.3)
続きを読む »