ConoHa VPSで新規サーバーを立ち上げたらすること(ユーザーの作成)

1,はじめに

先述の記事の通りConoHa VPSで新規サーバーを立ち上げた。

そこで、OS等基本ソフトウェアの各種設定を下記の通り行う。

本稿では、ConoHaのダッシュボードから作業用のユーザーを作成する手順について記載する。

2,本論

(1)概要

ConoHaに新規作成したVPSはそのままの状態では、SSH等のサーバーが起動していない。

そのため、SSHでの遠隔操作ができない。

また、ユーザーが管理者ユーザー(root)しか存在しない。

この状態では不便のため、一般的な作業用のユーザーを作成する。

(2)ConoHa ダッシュボードのコンソールを表示する

先に、新規作成した仮想マシン上にはSSH等が走っていないと述べた。

すると、どのように各種コマンドを実行するか、という問題になる。

その回答として、ConoHa VPSのダッシュボードのコンソール機能を使用する。

これは、Webブラウザから仮想マシンのシェルを叩けるものである(なにこれ!!すごい!!!!)。

ダッシュボードからコンソールを起動する
ダッシュボードからコンソールを起動する

コンソールが表示されたら、管理者権限ユーザー(root)でログインを実施する。

rootでコンソールにログインする
rootでコンソールにログインする

このとき入力する管理者権限ユーザー(root)のパスワードは仮想マシン作成時に指定したパスワードである。

ここで設定したパスワード
ここで設定したパスワード

(3)一般権限ユーザーの作成を行う

(A)ユーザーの追加

Debianでの新規ユーザーの追加は、 useradd コマンドにより行う。

下記のコマンドを実行し作業用ユーザーを作成する。

useradd 新規追加するユーザー名
ユーザーの追加
ユーザーの追加

このコマンドを実行すると下記のような出力が表示される。

useraddコマンド実行後
useraddコマンド実行後

(B)ユーザーの新規作成が完了したかを確認

下記のコマンドを実行する。

cd /home/作成したユーザー名
一般ユーザー用のディレクトリを確認する
一般ユーザー用のディレクトリを確認する

わぉ、作成されていない。

Linuxのユーザー情報を管理しているファイルの中身を確認する。

cat /etc/passwd | grep 新規作成したユーザー名
ユーザー情報を表示した結果
ユーザー情報を表示した結果

出てきた。Linux上にはユーザーが登録されているようである。

なぜ「/home」ディレクトリ配下にそのユーザーのディレクトリが作成されていないんだ?

-m
ホームディレクトリが存在しない場合には、ホームディレクトリを作成する。

-k オプションを同時に指定すると skeleton_dir 以下のファイルが、 指定しないと /etc/skel 以下のファイルが、 ホームディレクトリにコピーされる。

ホームディレクトリには、 skeleton_dir または /etc/skel に含まれるすべてのディレクトリも作成される。

-k オプションは、 -m オプションとともに使われる場合のみ有効である。

デフォルトでは、ホームディレクトリを作らず、ファイルのコピーもしない。

useradd(8) — passwd — Debian jessie — Debian Manpages

なるほど、Debianのuseraddはオプション「-m」を指定しないと/homeディレクトリ配下に新規作成したユーザーのディレクトを作らないのか。

下記コマンドを実行して、ユーザーディレクトリを作成する。

mkdir /home/新規作成したユーザー名
ユーザーディレクトリの作成
ユーザーディレクトリの作成

(C)パスワードを登録する

作成したユーザーにパスワードを登録する。

ここでパスワードを登録しないと、作成したユーザーにログインすることができない。

ログインできませんでした
ログインできませんでした

下記のコマンドを実施しパスワードを付与する。

 passwd 作成したユーザー名
ユーザーにパスワードを付与する
ユーザーにパスワードを付与する

新しいパスワードとそれの再入力が求められる。

それらが正常に完了すればユーザーのパスワードの登録は完了である。

ログインできました
ログインできました

3,まとめ

以上の手順を踏まえることで新規ユーザーの作成ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA