ConoHa VPS サーバー間のローカルネットワークを構築する

1,はじめに

システムのインフラ基盤を構築する際に、業務用セグメントと管理用セグメントを分ける事がある。

すなわち、対外接続と内部側のサーバー間の通信で使用するIP体系を別にする、ということである。

今回、本サイト(sysrigar.com)を運用しているWebサーバーと新設したサーバーを同一のプライベートネットワークに所属させ、相互通信を可能にする。

2,プライベートネットワークの作成

(0)実行要件

本稿を実行する際の要件は下記の通りである。

  1. サーバーに管理者としてログインができること
  2. サーバーの動作を停止させても運用上影響がないこと(サービス停止時間15-30分前後)
  3. 異常事態に直面してもパニックにならない図太さ(嘘)

プライベートネットワークの作成について、ConoHa VPSの公式サポートサイトの手順を参考にした。

プライベートネットワークを使う|ConoHa VPSサポート

手順の大まかな流れとしては、下記のとおりである。

  1. ConoHa VPSでプライベートネットワークを作成する
  2. 各種サーバーに関連付ける
  3. 接続試験を実施する

また、本稿で構築するローカルネットワークのIP体系等の設定情報は下記の通りである。

  • IP体系:192.168.2.0
  • サブネットマスク:255.255.255.0 (192.168.2.0/24)

(1)プライベートネットワークの作成

まず、ConoHa VPSのWebサイトにログインをする。

そこで表示されるサーバー管理のダッシュボードから、プライベートネットワークの作成を行う。

メニューから「ネットワーク」→「プライベートネットワーク」の順にクリックし、プライベートネットワーク画面を表示する。

次に、「+ネットワーク」ボタンを押下する。

ネットワーク情報を入力し「追加」ボタンを押下する。

(2)VPSとプライベートネットワークの関連付け

プライベートネットワーク画面を表示する。

作成したプライベートネットワークをクリックし、VPSに関連付けを行う。

これにより、VPSサーバーに新たなネットワークインターフェースが新設される。

(3)VPS側のネットワーク・インターフェースの設定

プライベートネットワークを作成した直後の状態では、単にサーバー側でインターフェースが確認できるだけにとどまる。

そこで、通信装置の設定を行う。

本稿はDebian 9系を対象としている。

Ubuntu/Debian 9系であれば「/etc/network/interfaces」にネットワーク記述を追記する事により設定を行える。

各サーバーに設定するIPアドレスは、ConoHa VPSのプライベートネットワークの画面に表示されているIPアドレスを指定した。

# Local network interface
# 2019/07/06
auto eth1
iface eth1 inet static
  address 192.168.2.1
  netmask 255.255.255.0

設定後にサーバーの再起動を行う。

再起動後に「ip a」を実行し上記のインターフェースに指定したIPアドレス情報が設定されていれば良い。

3,接続試験

今回は従来のサーバーと新設したサーバーにそれぞれIPアドレスを付与した。

ローカルネットワーク接続が無事構築できているかを検査するため、pingによる接続確認を行う。

4,まとめ

比較的容易にプライベートネットワークが作成できた。

なんか拍子抜けした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA