MacbookのVisual Studio CodeからGitHubにコミットする

1,はじめに

Macbook Air(2019)に導入したVisual Studio CodeにGitと連携する機能があります。

それを使用して、自分のGitHubリポジトリへコードをコミットできるようにします。

概要としては、GitにGitHubにコミットできるようにアクセストークンを設定し、VS CODEからGitHubにコミットできるようにします。

2,環境構築手順

(1)GitHubでアクセストークンを取得する

GitHubにコミットする為に、アクセストークンを取得します。

まず、GitHubにログインし、SettingからDeveloper settingsを選択します。

そして、Personal access tokensをクリックします。

アクセストークンを作成済みの場合は、そこに記載があります。

詳細につきましては、わかりやすい記事がありましたので、そちらをご参照くださいませ。

私は過去に作成したアクセスキーのファイルをWindowsノートPCのどこかに置き忘れました。

(2)アクセスキーを指定してクローンする

先ほど作成または採掘したアクセスキーを用いてGitHubから自分のプロジェクトをクローンします。

git clone https://USER-ID:ACCSESS-TOKEN@github.com/USER-ID/PRJ-NAME

私の環境では、下記の通り実行しました。

git clone https://jskny:ACCSESS-TOKEN@github.com/jskny/Sysrigar.git

アクセストークンを記載したファイルを昔のWindows PCの中に放置していた為、探すのに手間取りました。

(3)Visual Studio Codeでプロジェクトのコードを編集する

上記の手順でコミットするための準備が整いました。

そこで、Visual Studio Code上でコードを編集し、コミットができることを確認します。

Visual Studio Code on Git

コミットができたら、マスターにpushします。

commit fin
GitHubへコミットできました。

以上です。

3,おわりに

比較的簡単にGutHubと連携ができる良い時代になったものです。

それはさておき、2日続けての夜勤だったためか、生活リズムが崩れており、夜中なのに、PCを操作しています。

かなり、体に悪いよなぁこれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA