Zabbixでの「You are not able to choose some of the languages, because locales for them are not installed on the web server.」の対処法

0,目次

  1. はじめに
  2. 言語環境の確認
  3. 導入先環境の日本語化
  4. おわりに
  5. 参考文献

1,はじめに

Zabbixのフロントエンドを日本語化しようとしたところ、

以下のような警告メッセージが表示されました。

You are not able to choose some of the languages, because locales for them are not installed on the web server.

また、言語選択肢から日本語を選択できませんでした。

本稿ではこの警告への対応を行い、Zabbixのフロントエンドを日本語化します。

Error screen
Error screen

2,言語環境の確認

まず、Zabbixのフロントエンドを導入したLinux環境の言語状況を確認します。

以下のコマンドを実行します。

(A)実行コマンド

locale -a

(B)実行結果例

root@DEV_DEBIAN:~# locale -a
C
C.UTF-8
en_US.utf8
POSIX
root@DEV_DEBIAN:~#

どうやら弊環境に日本語環境を導入していなかったようです。

3,導入先環境の日本語化

Zabbix Serverを導入している導入先環境の日本語化を行います。

今回、日本語対応を行う環境は、Debian 9です。

(1)日本語関連パッケージの導入

日本語関連のパッケージを導入します。

以下のコマンドを実行します。

(A)実行コマンド

apt install task-japanese

(B)実行結果例

root@DEV_DEBIAN:~# apt install task-japanese
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
  bdf2psf bzip2 fbterm libfontenc1 libx86-1 libxfont1 lv manpages-ja
  manpages-ja-dev nkf psf-unifont ttf-unifont unifont x11-common
  xfonts-encodings xfonts-unifont xfonts-utils xz-utils
Suggested packages:
  bzip2-doc man-browser unifont-bin
The following NEW packages will be installed:
  bdf2psf bzip2 fbterm libfontenc1 libx86-1 libxfont1 lv manpages-ja
  manpages-ja-dev nkf psf-unifont task-japanese ttf-unifont unifont x11-common
  xfonts-encodings xfonts-unifont xfonts-utils xz-utils
0 upgraded, 19 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 15.3 MB of archives.
After this operation, 40.3 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] 

コマンド出力が多かったため、一部結果のみを抜粋掲載しています。

(2)日本語化

Linux環境を日本語に対応させるため、ロケールの変更を行います。

以下のコマンドを実行します。

(A)実行コマンド

dpkg-reconfigure locales

(B)実行結果例

CUIの画面が表示されます。

「ja_JP.UTF-8 UTF-8」を選択します(スペースキーの押下で選択できます)。

ロケール選択画面
ロケール選択画面
ロケール選択画面2
ロケール選択画面2
root@DEV_DEBIAN:~# dpkg-reconfigure locales
Generating locales (this might take a while)...
  en_US.UTF-8... done
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.
root@DEV_DEBIAN:~#

(3)再起動

言語設定の変更反映のために、サーバーを再起動します。

「reboot」コマンドの実行で良いと思います。

(4)Zabbixの言語設定画面の再表示

Zabbixの言語設定画面を再表示します。

それまで言語として選択ができなかった、

日本語が選択可能になっていることを確認します。

日本語の選択が可能になりました
日本語の選択が可能になりました

4,おわりに

とりま、Zabbixの日本語化が完了しました。

まぁなんというか、そこそこ長期間動かしていたサーバーで、

日本語対応を全くしていなかったんだなって、驚きました。

日本語のZabbix
日本語のZabbix

今日は、ここまでにします。

5,参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA