Zabbix 4.0 LTSの導入手順(Debian 9)

0,目次

  1. はじめに
  2. 導入
    1. 前提条件
    2. APTリポジトリの追加
    3. Zabbix server等の導入
    4. 初期データベースの構築
  3. おわりに
  4. 参考文献

1,はじめに

Zabbixというソフトウェアをご存知でしょうか?

Zabbixはネットワーク機器の死活監視やログ監視を行うソフトウェアです。

このソフトウェアを導入することにより、システムの稼働状況の把握が容易になります。

今回は以下の環境にZabbix 4.0 LTSを導入します。

  • Debian 9

なお、導入手順については、公式サイトの以下の手順を参考にしています。

ダウンロード

2,導入

(1)前提条件

本稿の作業は以下を前提条件としています。

  • 全て特権ユーザーを用いて行います。
  • コンテナ技術を使用しておりません。

なお、将来的には、コンテナ技術を用いてZabbix環境を構築することが主流になると思います(ぜひ、調べてみてください)。

(2)APTリポジトリの追加

(A)Zabbixリポジトリ情報の取得

ZabbixのリポジトリをAPTに追加するために、

以下のコマンドを実行します。

(i)実行コマンド
wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb
(ii)実行結果例
root@DEV_DEBIAN:~/workspace# wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb
--2019-12-07 19:14:08--  https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb
Resolving repo.zabbix.com (repo.zabbix.com)... 2604:a880:1:20::b82:1001, 162.243.159.138
Connecting to repo.zabbix.com (repo.zabbix.com)|2604:a880:1:20::b82:1001|:443... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 3990 (3.9K) [application/octet-stream]
Saving to: ‘zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb’

zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb     100%[==================================================================================>]   3.90K  --.-KB/s    in 0s      

2019-12-07 19:14:13 (12.8 MB/s) - ‘zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb’ saved [3990/3990]

root@DEV_DEBIAN:~/workspace#

(B)リポジトリ情報を登録

ダウンロードされたZabbixのリポジトリ情報を登録します。

以下のコマンドを実行します。

(i)実行コマンド
dpkg -i zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb
(ii)実行結果例
root@DEV_DEBIAN:~/workspace# dpkg -i zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb
Selecting previously unselected package zabbix-release.
(Reading database ... 31195 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack zabbix-release_4.0-3+stretch_all.deb ...
Unpacking zabbix-release (1:4.0-3+stretch) ...
Setting up zabbix-release (1:4.0-3+stretch) ...
root@DEV_DEBIAN:~/workspace#

(C)APT情報を最新にする

追加したZabbixリポジトリの情報も踏まえて、

APTが持つ情報を最新に更新します。

以下のコマンドを実行します。

(i)実行コマンド
apt update
(ii)実行結果例
root@DEV_DEBIAN:~/workspace# apt update
Get:1 http://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/debian stretch InRelease [7,097 B]
Hit:2 http://security.debian.org/debian-security stretch/updates InRelease                        
Get:3 http://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/debian stretch/main Sources [1,186 B]                                         
Get:5 http://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/debian stretch/main amd64 Packages [3,935 B]
Ign:4 http://cdn-fastly.deb.debian.org/debian stretch InRelease                          
Get:6 http://cdn-fastly.deb.debian.org/debian stretch-updates InRelease [91.0 kB]
Hit:7 http://cdn-fastly.deb.debian.org/debian stretch Release
Fetched 103 kB in 0s (114 kB/s)
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
All packages are up to date.
root@DEV_DEBIAN:~/workspace#

(3)Zabbix server等の導入

これからZabbix server、Zabbix frontend (Web Client的なもの)、

そして、Zabbix agentの導入を行います。

以下のコマンドを実行します。

(A)実行コマンド

apt -y install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

(B)実行結果例

出力が多かったため、掲載はしません。

apt-get installが正常に完了した場合と同趣旨の出力が出るはずです。

(4)初期データベースの構築

Zabbixが使用するデータベースに初期テーブル等を作成します。

データベースに接続し、以下のSQL文を実行します。

(A)データベースの作成

(i)実行SQL文
create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
(ii)実行結果例
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 4
Server version: 10.1.41-MariaDB-0+deb9u1 Debian 9.9

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]>

(B)Zabbixユーザーの作成

Zabbixがデータベースを操作するときに使用するユーザーを作成します。

(i)実行SQL文
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password';

※ ユーザのパスワードについてはご自由に変更してください。

(ii)実行結果例
MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

(C)初期テーブルの構築

Zabbixが使用する初期テーブルを構築します。

以下のコマンドを実行します。

(i)実行コマンド
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
(ii)実行結果例
root@DEV_DEBIAN:~/workspace# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
Enter password: 
root@DEV_DEBIAN:~/workspace# 

(5)設定変更(Zabbix Server)

Zabbix Serverがデータベースに接続できるように設定ファイルを編集します。

以下の内容をファイル「/etc/zabbix/zabbix_server.conf」に記入します。

DBPassword=上記手順(4)-(B)で作成したZabbixユーザーのパスワード

(6)タイムゾーンの指定

Zabbixのフロントエンド(Web管理画面)で使用するタイムゾーンを設定します。

私は日本在住の日本人なので、日本時刻をタイムゾーンとして指定します。

以下の内容をファイル「/etc/zabbix/apache.conf」に記入します。

php_value date.timezone Asia/Tokyo

(7)Zabbix起動

導入に必要な基本的な作業は以上で完了です。

これからZabbixを起動させます。

以下のコマンドを実行します。

(A)実行コマンド

systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2

(B)実行結果例

root@DEV_DEBIAN:/etc/zabbix# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2
root@DEV_DEBIAN:/etc/zabbix#

(8)スタートアップ登録

サーバーの起動時にZabbixが起動するようにします。

以下のコマンドを実行します。

(A)実行コマンド

systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

(B)実行結果例

root@DEV_DEBIAN:/etc/zabbix# systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2
Synchronizing state of zabbix-server.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable zabbix-server
Synchronizing state of zabbix-agent.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable zabbix-agent
Synchronizing state of apache2.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable apache2
root@DEV_DEBIAN:/etc/zabbix#

(9)Zabbix Serverの動作確認

以上でZabbix Serverの導入が完了しました。

ブラウザを起動し、Zabbix Serverにアクセスし、初期設定をおこなます。

以下のアドレスにアクセスします。

(A)アクセス先アドレス

http://[Zabbixを導入したサーバーのアドレス]/zabbix

(B)表示画面例

上記のアドレスにアクセスすると、以下のような画面が表示されます。

Zabbx Frontend
Zabbx Frontend

以上で基本的なZabbixの導入の確認が取れました。

3,おわりに

Zabbix Serverの導入を比較的簡単に行えました。

フロントエンドの設定とエージェントの設定がまだ残っていますが、

とりあえず、今回はここまで!

4,参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA