Flutter,「Running pub upgrade」が終わらない問題への対処法

0,目次

  1. 初めに
  2. 対処法
  3. 終わりに
  4. 参考文献

1,初めに

最近Flutter 2が公開されました。

そこで、PCに導入しているFlutterのバージョンアップを行うため、

Flutterのアップデートコマンドを発行しました。

flutter upgrade

しかし、上記コマンドを実行後、「Running pub upgrade…」が終わりませんでした。

下記のような感じです。

PS C:\WINDOWS\system32> flutter doctor
Building flutter tool…
Running pub upgrade…

アップグレード失敗のままというのはあまりよくないと思ったので、いろいろ試したところ、解決したため、本記事を記載しました。

本稿では、本件事象への対象方法を記載します。

(1)前提条件

  • Windows 10 x64
  • Flutter 1 -> Flutter 2 へのUpgrade
  • flutter cleanを実行しても事象が解決しない
  • 環境変数「TMP」及び「TEMP」の値を変更している

2,対処法

(1)解決方法

Windowsの環境変数「TEMP」及び「TMP」の値を標準の値へ戻す。

Windows 10でPath環境変数を設定/編集する:Tech TIPS - @IT

(2)原因

筆者の環境では、TEMP及びTMPフォルダをRAMディスク上に作成するようにしておりました。

(3)対応手順

(i)変更前

変更前の環境変数「TEMP」及び「TMP」

(ii)変更後

変更後の「TEMP」及び「TMP」
項目名セットする値
TEMP%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp
TMP%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp

(iii)環境変数変更後、コマンドラインを起動

環境変数変更後にコマンド実行

3,終わりに

こうしてみると、どうしようもないことが原因でした・・・

Flutetr 2からWebが正式に採用されました。

かつてJavaがOnce write, Run anywhereを実現しました。

モバイルアプリからWebまで幅広くカバーするFlutterは次世代の覇権技術となる可能性があると思います。

4,参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA