Debian 10, Minecraft統合版サーバ構築手順(1.16)

0,目次

  1. はじめに
  2. bedrock dedicated serverの導入
    1. 取得・展開
    2. 設定
      1. ホワイトリスト
      2. 管理者ユーザの指定
  3. ファイアウォールの開放
  4. サーバ起動
  5. 終わりに
  6. 参考文献

1,はじめに

Minecraftには統合版とJava版が存在します。

統合版はスマートフォンやPC、PS4などで遊べるものです。

他方、Java版はPCのみの稼働となっています。

今回、統合版サーバ(bedrock server)をDebian 10環境に構築しました。

本稿では、マインクラフトのサーバ構築手順について記載します。

続きを読む »

Flutter,インデント(ネスト)を減らす方法について

0,目次

  1. はじめに
  2. コードの分割
    1. メソッド化
    2. 別クラス化
    3. 別ファイル化
  3. おわりに
  4. 参考文献

1,はじめに

最近Flutterでアプリ開発をしています。

Flutterでの開発は、ウィジェットを大量に記述することが多いです。

すると、問題点として、

ソースコードのインデントが深くなることが挙げられます。

おそらく、Flutterの開発者たちは、

意図的にインデントが深くなるように設計をしています。

そこで本稿では、Flutterのコードをメソッド化したり、別クラス化したり、

ソースコードを別ファイル化する方法について、記載します。

続きを読む »

Zabbix 4.0 Agent が即時終了する問題について

0,目次

  1. はじめに
  2. 原因
  3. 解決策
    1. 変更前
    2. 変更後
    3. 更新
  4. 調査記録
  5. 参考文献

1,はじめに

Debian 10系に導入しているZabbix Agentが起動しなくなった。

正確に言うと、Zabbix Agentのサービスを起動しても即時終了してしまう状態になっている。

即時終了というのは「systemctl restart zabbix-agent」を実行しても、サービスが起動しないことを意味する。

また、restartを実施しても、Zabbix Agentのログ「/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log」に何も記載されていなかった。

root@150-95-147-75:/etc# systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - LSB: Start zabbix-agent daemon
Loaded: loaded (/etc/init.d/zabbix-agent; generated)
Active: active (exited) since Sun 2020-04-19 01:00:06 JST; 3min 29s ago
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
Process: 17453 ExecStart=/etc/init.d/zabbix-agent start (code=exited, status=0/SUCCESS)
4月 19 01:00:06 150-95-147-75 systemd[1]: Starting LSB: Start zabbix-agent daemon…
4月 19 01:00:06 150-95-147-75 systemd[1]: Started LSB: Start zabbix-agent daemon.

本稿は本事象の調査メモおよび解決策について記載する。

続きを読む »

Zabbix 4.0「DB type “MYSQL” is not supported by current setup.」への対処

0,目次

  1. はじめに
  2. 原因
  3. 対処法
    1. Apacheのモジュールを確認
    2. Apacheの設定変更
  4. 参考文献

1,はじめに

当サイトはDebian 9を基盤として稼働させていた。

しかし、この度Debian 10.3へアップグレードを実施した。

その結果、ZabbixのWeb Frontendがエラーを出し、ダッシュボード画面へアクセスできなくなった。

Error – DB type “MYSQL” is not supported by current setup.

上記がそのエラーメッセージである。

本稿では、そのエラーの解決方法について記載する。

続きを読む »

Debian 10でLinux kernel をアップグレードする(4.19=>5.4)

0,目次

  1. はじめに
  2. Linux Kernelのアップデート
    1. カーネルのダウンロード
    2. カーネルの導入
  3. 私見
  4. 参考文献

1,はじめに

Debian 10(buster)はLinux Kernel 4.19が使用されている。

root@VAIO-S-SB-Debian:~# uname -a
 Linux VAIO-S-SB-Debian 4.19.0-8-amd64 #1 SMP Debian 4.19.98-1 (2020-01-26) x86_64 GNU/Linux

しかし、Linux Kernel 5.1以上でないと動作しないハードウェアを買ってしまった。

そこで、Debian 10にて、Linux Kernel 5.4 (LTS)を導入する。

なお、安全なカーネル更新のやり方として、apt-get経由の方法がある。

apt-cache search linux-image

普通に上記コマンドで出てくるものについては、apt-getで導入ができる。

しかし、4.19までしか現時点(2020/02/22)では提供されていない。

そこで、5.1以上のカーネルを導入するべく裏技(Ubuntuのを使う)を使用する。

ドライバ周りで苦戦したので、実力がない人はやらないほうがいいです。。。

1-1,追記

henrich(@henrich)様から、Debianはbackportsにて最新のパッケージが取得できる旨、ご教示いただきました。

こちらを使用することで、本稿で実施しているような、Debianのカーネルのアップグレードなのに、Ubuntuのリポジトリからkernelを持ってくるような変なことをする必要はなくなります。

Debian Backportsの使い方につき、公式サイトの下記をご参照下さい。

 Debian Backports Instructions
続きを読む »