ポエム(2020.01.13)

0,目次

  1. はじめに
  2. 物語の効能
  3. 夜勤明けでおかしなテンションになっている
  4. おわりに

1,はじめに

本稿はポエムだ。

普段の技術系の記事や法律系の記事ではなく、ポエムだ。

発端は単純で、本棚にある本をパラっと開いたところ、以下のような記述があった。

私が文弱の徒に最も警戒を与えたいと思うのは、ほんとうの文学の与える危険である。ほんとうの文学は、人間というものがいかに宿命に満ちたものであるかを、何ら歯に衣着せずにズバズバと見せてくれる。・・・この人生には何もなく人間性の底には救いがたい悪がひそんでいることを教えてくれるのである。

三島由紀夫「若きサムライのために」(文春文庫,1996年)90頁

端的にいうと、ヤバイ本を読むと生きるのが辛くなるよ、ということだ。

上記の本から謎のインスピレーションを受けたため、

書き上がったのが本稿である。

形式的に言えば本稿では、

夜勤明けの開放感から物語の効能について記載した。

また、スキル「法律学」やスキル「情報通信技術」を獲得し、

専門家として目覚めたものが持つ思考回路についても記載した。

(真実か否かはご自分でご判断くださいませ)

実質的に言えば、疲れ切った社畜の戯言である。

続きを読む »

2019年を振り返って

0,目次

  1. はじめに
  2. 2019年を振り返って
    1. 仕事
    2. プライベート
  3. 2020年は何をするか

1,はじめに

今日は2019年の最終日です。

振り返ると様々なことが今年はありました。

そんなことを思い出しながら、徒然なるままに、思いつくことを書こうと思う。

続きを読む »

情報処理安全確保支援士試験に合格した

0,目次

  1. はじめに
  2. 試験の感想
    1. 情報処理安全確保支援士とは
    2. 試験結果
    3. 感想
  3. おわりに

1,はじめに

2019年10月に実施された情報処理安全確保支援士試験に合格しました。

そこで、試験の感想や勉強方法などを記載します。

続きを読む »

PSYCHO-PASS 3期と故意・過失・国家賠償法

0,目次

  1. はじめに
  2. PSYCHO-PASS
    1. 概要
    2. 法的に着目すべき点
  3. 国家賠償法
    1. 国家賠償請求が可能な場合って?
    2. 「故意または過失」が要件
    3. 故意なく損害を構成する一部を執行した場合
    4. 最判昭和57年4月1日
  4. アイヒマン裁判
  5. 参考文献

1,はじめに

みなさんは「PSYCHO-PASS」と言うアニメ作品をご存知でしょうか?

これは、科学技術の発展により人の心理状態を計量可能になった未来の日本を舞台に、刑事たちが犯罪とどう向き合いうかを描く物語です。

Amazon Primeでこのシリーズの最新作たる第3期を第3話まで観ました。

TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』公式サイト

観終わった際に、組織的に何かしらが執行された場合に、その組織的に実行された故意や過失をどのように評価するべきか、と言う昔学んだ論点を思い出したので、一気に書きます。

続きを読む »

森鴎外「高瀬舟」と自己決定権

1,はじめに

皆さんは、森鴎外の高瀬舟という作品をご存知でしょうか?

この作品は、青空文庫から無料で読むことができます。

青空文庫 森鴎外 高瀬舟

私は、これまで「高瀬舟」という単語からは、

この作品のことだけを想起していました。

ですが、ふと手にとり日本史の参考書を、パラパラ流し読みしたところ驚くべき発見がありました。

結論からいいます。

高瀬舟とは、河川などで物の運搬等に利用される、船の種類なのです。

さて、おふざけはこのくらいにして、

森鴎外の高瀬舟について、以下の内容について語ります。

注意点といたしまして、本稿にはネタバレが含まれますので、

まだ読んだことがない方は、

お戻りになられることを、お勧めいたします。

(0)目次

  1. 概要
  2. 自己決定
    1. 法的権利性
    2. 法的性質
    3. 自己決定権の制限が許される場合
    4. 私たちはゲームをしている
続きを読む »