C#でバーコードやQRコードを表示するソフトを作ってみた

I,はじめに

ハンディ―片手にピッピしまくるアルバイトを経験しました。

ピッピしているうちに、バーコードを作成するソフトを作りたいと思ったので、作成しました。

II,BarcodeSample

1、ダウンロード等

今回作成したソフトウェアは、GitHubのリポジトリからダウンロードできます。

bin-20171212.zip [約31KB]

上述のZIPファイルを展開すれば今回作った実行ファイルが起動できます。

こちら側でのセキュリティチェック等は済ませておりますが、一応念のためダウンロードしたファイルを各々でセキュリティチェックをしていただけると幸いです。

また、このアプリケーションは.NET Framework 4.5系で動作するように作成されております。そのため、ご使用なられているコンピューターの環境によっては上手く動作しない可能性があります。その際は、マイクロソフト社の「.NET Framework のインストール」から適切な環境をインストールしてください。

2、使用方法

下記で使い方についてスクリーンショットを参考に説明をします。

◎好きな文字列を入力する

本アプリケーションを起動すると下記のような画面が表示されます。

Figure 1

Figure 1

今回は、すでに「Hello World !」と入力していますが、このテキストボックスに好きな文字列を入力すると、バーコードとQRコードが自動生成されていきます。

III,まとめ

今回このソフトを作成するにあたり、DotNetBarcodeというライブラリを使用させていただきました。

このライブラリを使用することで、比較的簡単にこのようなソフトが作成できました。

製作者様に感謝です。

USBカメラ等から読み込みできるようにするのは、面倒くさかったので、今回は書いておりません。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA